俺スペランカー

スぺな俺でも生きていける。

運営3年目のオーナーが送るカラーミーのメリット・デメリット

後発のBASEやSTORESなども出てきていますが、カートシステムのASPとしては老舗といえるカラーミーショップ。
ショップオーナーとして3年ほど運営し、メリット、デメリットがそれなりに見えてきました。

今から、自社のEC立ち上げようかなと思っているあなたに、僕なりの感想をお伝えしてみます。

参考になればうれしいです。

良いところ

やっぱり安い

やっぱり、安いです。

どの程度売り上げを上げるかにもよると思いますが、ひとつの目安として100万円/単月売上を考えた場合、固定費の4,240円(スタンダードプラン+SSL化)、クレジットカードのイプシロンの手数料が4%~なので、100万円売り上げても5万円以内の費用で済みます。
BASEの場合は固定費はないですが、売上連動で3%、クレジットカードが3.6%で、約7万円ほどかかります。
仮に、同じ100万円の売上ならカラーミーはお安いです。

ただ、毎月の売り上げが10万円に満たない場合は、BASEのほうが安いです。
本当に個人でちょっと売る程度であれば、BASEの方がいいですね。

おそらく、ペパボさんとしては
ぼちぼち売る(ウン十万以上)=カラーミー
個人のチョコっと売り=minne
と切り分けていく方向なのでしょうね。

考えている売り上げの金額によって、切り分けるといいかなと思います。

サポートがしっかり

サポートというと、勝手に売り上げを上げてくれるようなイメージであれば全く違います。
たった月額3,240円なので多くは期待してはいけません。

ただ、カラーミーのサポートはメール問い合わせにはきちんと対応していますし、値段を考えたら素晴らしいと思います。

自由

楽天では、外部へのリンクは禁止ですが、カラーミーは本当に自由です。
これは売上に連動する費用を発生しないという理由が大きいと思いますが、カラーミーで構築したサイトにどこにでもリンクできます。
他にモールに出店する場合も、すごくいいです。

いまいちなところ

集客は自分で

仮に、shop-proドメインを利用して開始して、なんの広告も打たなければ、本当にほとんどアクセスがありません。

カラメルというオリジナルショッピングモールもありますが、2018年で閉鎖されるそうで、言わずもがな集客力はかなり微妙です。

中々、殻を破れなかったようです。
昔、DeNaが運営するビッダーズというモールがありましたが(現在はau系でひっそりとやっています)、モールの商売は非常に難しいようですね。

とにかく、リスティング広告打つなり、SNSを活用するなり、実店舗で地味に営業するなり集客は必須です。

「カラーミーに出店したけど売れない」は当然です。
集客は自分で。

GMOグループ

これは、何とも言えません…。

セキュリティ

2018年1月に個人情報の流出がありました。
これは、カラーミーが責められるべきですが、外部のカートシステムを使う以上どうしても避けられない問題です。

比較的小規模なカートシステム会社はすべからくこの問題を内包しています。

こういった問題を絶対に避けるのであれば、大手のモールを利用する方がいいと思います。

大手のモールがセキュリティ面で圧倒的に優れているとは思いませんが、運営側としてはお客様の「ああ、あそこが漏れたならしょうがないようね。大企業だし。」という心理的な免責が受けられる可能性があります。

今後のやる気

正直、本体のペパボは、minneが飛ぶ鳥を落とす勢いで、カラーミーはそれほど投資していかない可能性があります。
2018年のカラメルの閉鎖はそれを予感しているように思います。

構築面

カラーミーは、カスタマイズ性が高いのも特徴です。
多少詳しい人であれば、かなりカスタムできます。

ただ、基本的な設計が古いままのところがあり、面倒なところもあります。

仮に、公式サイトとデザインを共通したい場合、公式サイトがhtml5+css3の場合には、xhtmlに書き換えて構築という面倒が発生します。
HTML5の対応はそれほど難しいとは思えないので、なぜ対応しないのか不思議です。

まとめ

カラーミーは費用と、提供されるサービスを考えたら非常に品質の高いサービスです。
だって、月額3,240円で、クレジットカード対応のECが構築できて、お客様の情報はカラーミーが管理してくれて、サポートもまずまず対応してくれます。

カラーミーで金額表示を変更する

カラーミーでは基本的に以下のようなコードで金額を表示します。

<{$productlist[num].price}>
<{$recommend[num].price>

表示は5,000円(内税)みたいな感じですね。

さすがにちょっと、もう少しお店のデザインに合わせたいですよね…。

&yen;<{$productlist[num].price|replace:'円(内税)':''}>
&yen;<{$recommend[num].price|replace:'円(内税)':''}>

みたいに指定すると、¥5,000 のような表記になります。

smartyの仕様に沿っていると思いますが、phpのstr_replaceみたいに単純に空白に書き換えているだけだと思います。

子供と一緒に遊べるゲーム!Brothers - A Tale of Two Sons

steamの洋ゲーは、ゾンビや犯罪やホラーっぽいのが多く、そういうのが苦手な僕はせいぜいskyrimあたりを、妻子の目を盗んで遊んでます。

最近、steamにホームストリーミングという、仕事用のGeForce GTX 1050を追加したパソコンを母艦に、リビングのテレビをロースペックなノートパソコンから出力して遊べるという画期的な(当たり前?)機能を知り、楽しんでいます。

ただ、リビングでは小学生の子供の教育上、あまり年齢制限のあるゲームはできず、steamで子供のできるPCゲームらしいゲームを探していて、Brothers - A Tale of Two Sonsというグラフィックの美しいゲームを購入してみました。

結論から言うと、非常に面白かったので春休みに親子で楽しめますよ!

どんなゲーム?

f:id:spelunk:20170327160110j:plain

Xbox系のコントローラー必須がゲーム。amazonで1,500円から2,500円くらいで売っています。

ちなみに僕はエレコムの安物のコントローラーを使っていますが、使いやすいです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00ABPBLA2

パズル系のゲームで、とある事情で探し物の旅にでる兄弟をコントローラー1つで操作しながら、パズル的な要素の簡単なギミックをクリアしながら進んでいきます。一本道なので迷うこともありません。

操作は基本的に4つのボタンしか使いません。

左手側がBigBrother(兄)、右手側がLittleBrother(弟)に割り振られていて終盤はすこし手が釣りそうになりながら操作していきます。

北欧の会社が開発したゲームで、美しいビジュアルと穏やかな音楽で子供たちと一緒にああだこうだ言いながら楽しめます。パズル的要素も難易度は低く小学校低学年でもOKですね。

ただ、やり始めてクリアするまで4時間ぐらいなので、長く遊べるソフトではないですね。僕はセールで296円で購入したので十分楽しませてもらいました。

store.steampowered.com

春休みの一息にご家族でどうぞ!